クラウドワークス本気でやった結果→

チョコレートが好きすぎるので、ひかれるぐらい語ってみる。

チョコレートが大好きなこもり(@comoritalife)です。とにかく大好きです。

はい、前置きはこのぐらいで十分!

さっそく私のチョコへの思いを語っていきます。

※リンク先はすべて公式サイトです。どの商品だっけ?と思ったらぜひご確認ください。

チョコレートが好きな理由。

チョコレートが好きな理由、それはやはり、幸せになれるから。

もちろん、甘いものは、どれを口にいれても幸せな気持ちになれます。

でも、チョコレートがもたらす幸福感は、他の甘いお菓子のそれと比べ物になりません。

舌の上にチョコレートがまとわりつくあの時間、最高です。

チョコレートに合わせるのはブラックコーヒー?

いや、それは避けたい。合いますけどね。甘いチョコと苦いコーヒー。

だけど私は、極力、チョコレートの甘~い余韻に浸りたい。

とはいっても、余韻にひたれるってほんの十数秒…いや、もしかしたら十秒もないかもしれない。

すぐにいなくなるなるもんだから、またすぐにほお張りたくなる。

まさに私の「お口の恋人」。ほんと、常にそばにいて欲しい。

さみしいとき、嬉しいとき、疲れたとき…いつだってそばにいて、私を癒して欲しい。

(何を言ってるんた私は…)

お口の恋人っていい響きですよね。ロッテさん(考えた人)、すごい。

チョコレートは一口でやめられない。理由は…

私は、一口でやめろと言われたら、「そんな拷問やめて!」と思ってしまいます。

それならいっそ、食べない方が気が楽かもしれない。

だって、一口たべたら…

もう一口、そしてあともう一口…いや、あともう一口ね…

そうやってどんどん食べたくなるから。

口にチョコレートが入っている間、何かも忘れて幸せに浸れるんだから、やめられるわけがありません。

チョコレートは噛んで食べるのが基本。

チョコレートをなめて食べるんなんて、私には考えられません。

そんなチョビチョビ食べてたら、逆にストレスたまっちゃいます。

口に入れたらすぐに噛みくだいて、舌の上いっぱいにチョコレートを行き渡らせたい。

「いやぁ、チョコレートはなめて食べるものでしょ!」

そんな人におすすめしたいのが、「グリコのアーモンドピーク」。簡単に説明すると、アーモンドチョコレートです。

これは、完全にほかのアーモンドチョコレートと差別化できています。グリコさんやりましたね~!最高です。

アーモンドのまわりに薄くコーティングされたアメで、アーモンドがよりカリっとより良い食感に。

カリっ、カリっと噛むのが楽しくてクセになります。

食感を楽しむという視点で大好きなチョコレートです。

どうやらこの「アメ焼きアーモンド」、食感にハマる人が多いのか、「アメ焼きアーモンド単体」で売られています。

私は、チョコありしか買いませんけどね。

一日でどれくらい食べられるのか。

チョコ好きなら、きっと、大袋ペロリといけますよね。いけませんか?

大袋といえば、明治の「ベストスリー」。

映画のおともにしたら、見終わる頃には食べ終わってるかも。

制御せずに食べたら、それぐらいの勢いで食べてしまいます。

体に悪いから…どんどん太るから…と、セーブしながら食べて3日持てばアッパレ、金メダルです。

キットカットも、生クリームチョコレート(フルタ)も、アルフォートも、ロッテのチョコパイも、大袋でペロリ。

そんな私ですが、結婚してからは自分のお菓子に食費をかける訳にはいかないので、できる限り買わないようにしています。

お陰でかなり脱チョコできてます。

でもやっぱり、買ってしまったらアウトです。

家族に気付かれないように、ガガ~っと食べちゃいます。

いつ食べるのが最高に幸せか。

いつ食べても幸せなんですけど、特に最高なのが「空腹時」。

つまり、朝・昼・晩の食時の直前です。

「ご飯の前にお菓子を食べるな。」、「ご飯がおいしくなくなる。」、そう思っている方には理解できないかもしれません。

夫も、私が食事前に何かをつまもうとすると、「ご飯前だよ。」と冷やかな口調で言ってきます。

わかりますよ、それは。空腹感MAXの方がご飯も美味しいですからね。

食事を作ってくれる人への敬意としても、ご飯前のおやつはダメだと思います。

私も、誰かに食事を作ってもらうときや、皆で外食というときにはツマミません。

でも、家で食事を作っているのは私。

空腹時のチョコは、家族の食事を作りながらコッソリ食べています。

あ~お腹すいた~!

そんな時に食べるチョコレートは体に染み渡ります。この上なく幸せです。

チョコレートを隠れて食べるのは難しい。

家にチョコレートがあると、ちょこちょこ食べたくなるんです。

ダジャレじゃないですよ。

一度チョコレートを口に入れると、しばらく子どもたちには近づけません。

そうです、あの甘~い匂いが口から溢れるからです。

娘:「ママ~、ママ~!」

私:(ヤバい!呼ばれた…あわてて溶かし飲み込む。)

娘:「ねぇ、ママ~!」

私:(あっ、こっち来ちゃった…)
「ん?」(口は開けない。)

娘:「抱っこして~!」

私:(それならいいよ~♪よいしょ)

娘:「ねぇ、ママ~?」

私:「ん?」(口は開けない。)

娘:「なんかさぁ~、ママのお口からさぁあ?」

私:(やけにニヤニヤする娘…バレたか?)

娘:「甘~い匂いがするんだけど~?グフフ」

私:(バレた~!)

娘:「グフフ…チョコレート食べたの~お?グフフ…食べたいなぁ~グフフ…」

バレたら仕方がないと、匂いをここぞとばかりに振りまく私。

目を輝かせ、どこにチョコレートがあるのか聞く娘。

ちょくちょくおこるこの戦い、勝率は5割です。

チョコレートは常温が一番おいしいけれど…。

チョコレートを冷蔵庫や冷凍庫にいれると、カリッとした食感を楽しめていいですよね。

でも、そうすると口溶けが悪くなるので、私は常温派。

だけど、「明治のストロベリーチョコレート」、これだけは冷凍庫で凍らせて食べるのが好きです。

中にストロベリークリームが入っていて、つぶつぶ感(ザラザラ感?)のある舌触りをたのしめるのが、このチョコレートの魅力。

それが、冷凍庫に入れるとよりいっそう引き立つのです。

凍らせると、全体的にカリっとシャリっとするのが、なんともクセになります。

チョコレートといえば明治?ロッテ?それとも…

チョコレートといえば、板チョコで目立つ「明治」と「ロッテ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

「チョコレえトーは、めっいっじ♪」

「チョコレーえトー、ロッテ~♪」

そんなCMもあるからかもしれませんね。

ちなみに私は、板チョコのミルクチョコレートならロッテ派(ガーナ)です。

明治よりもロッテの方が甘くマイルドな感じがして好きです。

明治の方が若干、甘さがスッキリしている気がします。

話がそれましたが、私がここで語りたいのは、明治でもロッテでもなくBOURBON(ブルボン)です。

ブルボンって、「チョコレート!」というイメージあまりないですよね?

チョコレートも出しているのですが、私の中では、おいしいお菓子をまんべんなくといった印象。

でも最近、私の中である商品が大ヒットしたことで、ブルボンのチョコ菓子評価がググーっとあがりました。

そのとてつもなく高評価にあたいする商品が「ブルボン・濃厚チョコブラウニー(公式サイト)」です。

これ、最高です。ブルボンさん、ありがとう。

ブラウニーにチョコチップが入れ込んであり、底にはチョコレートがコーティングしてある商品。

そのまま食べても、もちろんおいしい。ねっとりと、濃厚な味わい。

でも私は、冷やして食べるのが好き。

食感がより重くなり、濃厚さが増す感じがたまらない。

そして、冷やすことによって、中のチョコチップがポリポリとかなりいい食感のアクセントに。

底にコーティングされたチョコレートも冷やすことにより、パキッっとした歯ごたえが楽しめておいしいです。

これはブルボンさん、もしや、冷蔵保存も想定済み?

同じブルボン製品の、袋チョコレートのトリュフやアルフォートもおいしいですけど、好きですけど、このチョコブラウニーで一気にブルボンのことが大好きになりました。

ブルボンのチョコレート菓子に今後も期待したいです。

まとめ

ありません、というか、まだまだ語り足りないぐらいです。

チョコレートが大好き!ただそれだけです。

少しでも共感していただける部分がありましたら、最高にうれしいです♪