MY LUCKY BABY←知ってる?

体験談!奥歯欠損でブリッジより入れ歯を選んだ理由。今ある歯を大切に。

虫歯が原因で奥歯を抜歯しました。

抜歯した部分をそのままにしておくと、かみ合わせが崩れて他の歯ががたついてくるので、何かはめておいた方がいいだろう…ということになりました。

で、その抜歯した部分をどうするかで選択肢がいくつかあったのですが、最終的に悩んだのがブリッジか入れ歯か。

入れ歯はおじいちゃんおばぁちゃんがするもの。そんなイメージが強いので、正直、見えない部分とはいえ入れ歯は嫌でした。

実は奥歯が入れ歯なんです…なんて恥ずかしくて言えないですよね。

それに、例え家族とはいえ、入れ歯を洗浄しているところなんて見られたくないです。

あとは、入れ歯は食べ物もよく詰まりそうだし、食べ物つまって臭くなりそうだし…。

でも、最終的に入れ歯にしました。

先生と相談して、「今ある歯を大事にするなら入れ歯が一番いい」という結果になったからです。

というわけで、以下からはこの話をもう少し詳しく書いています。

目に見えない部分の差し歯をどうするか悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。

なぜブリッジではなく入れ歯を選んだのか。

ブリッジは、両隣の歯をかなり削るそうです。

実際、ブリッジについて調べると、びっくりするぐらい削られています。なんというか、歯がかわいそう。

入れ歯も、バネを引っかけるために歯を削るそうですが、ブリッジに比べるとかなり少なくて済むとのこと。

私の場合、抜いた歯の両隣は虫歯もなく健全。その健全な歯を削るというのは、すごくもったいないことだと先生はいいました。

歯を削ると、その歯の寿命が縮まるんですって。

私の場合、まだ30代と若い。先の事を考えると、今ある歯を大事に、極力負担をかけない入れ歯という選択肢が一番いいのではないかということでした。

また、奥歯なので、審美性もそこまで気にしなくていいのでは…と。

その説明に納得し、入れ歯にすることを決意しました。

保険がきくので費用も安く済みますし…。

歯をほとんど削らなくて済むなら、もちろんブリッジが良かったです。

部分入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリットやデメリット。

それぞれについてのお話もしっかり聞いてきました。

ただしメモをとっていたわけではないので、この記事で紹介するのはやめておきます。間違った情報を伝えてしまうといけませんからね。

その代わり、とてもわかりやすかった専門サイト(↓参考リンク)を紹介しておきます。

参考 奥歯が欠損した時の選択肢、入れ歯/ブリッジ/インプラント入れ歯専門歯科クリニック.佐野

上記サイトに出てくる内容は、私が聞いてきた話もほとんど同じ。

偏った意見を掲載しているサイトもある中で、こちらのサイトはそれぞれのメリット・デメリットをしっかり書いてあるなぁという印象でした。

また、最後の方には、入れ歯・ブリッジ・インプラント、どれを選ぶべきかの判断基準も簡潔に書いてあり、悩んでいる方にはとても参考になると思います。

まとめ

入れ歯にはすごく抵抗があります。でも、ブリッジやインプラントにすると、後戻りはできませんよね。

奥歯は他人からは見えにくい部分。どうしても嫌になったら、その時に改めて、ブリッジやインプラントを検討してみようと思います。

接着ブリッジをご存じですか?

  • どうしても入れ歯が嫌。
  • ブリッジのように歯を削るのもいや。
  • インプラントも怖い。

そんな場合には、歯をほとんど削らずに済む「接着ブリッジ」というのがあるそうです。

どうしても入れ歯が嫌で、歯を削らずに済むブリッジはないのかと調べていたときに発見しました。

写真もしっかりあってわかりやすいと感じたふたつのサイト(↓参考リンク)を紹介しておきます。前歯と奥歯ひとつずつ選びました。

参考 削らないブリッジ2丁目石井歯科医院 栃木県足利市の歯科医院 参考 歯の欠損について(接着性ブリッジ編)目白駅の歯医者は目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科

適応できない場合もあるそうですが、気になった場合はぜひ勇気をもって先生に聞いてみてくださいね。

ダメもとで、私もちょっと先生に聞いてみようかな…。でも緊張するなぁ…。