クラウドワークス本気でやった結果→

【ダニと無縁?!】な高級羽毛布団。実は綿布団よりお手入れが簡単だった!

布団はダニがわくもの!そう思っていませんか?

私はそう思っていました。でも、実は違うみたいです。

高級羽毛布団についてた取り扱い説明書をみて、ぶったまげました。おったまげーです。

ダニはふとんの生地の目を通りぬけることはできませんので、ふとんの内部には入りません。

ひぇ~!そうなの?もうびっくり。何回もいいますけど、びっくりです。これって常識ですか?

実は、羽毛布団には次のような特徴があるそうです。

  • 側生地(羽毛を包む生地)の目が細かい。
  • さらに、羽毛が飛び出ないように「ダウンプルーフ」という加工がしてある。

そのためダニは、その加工された生地の目をとおりぬけられないんですって。

しかも、湿気をため込みにくい(乾燥しやすい)ので、布団をほとんど干さなくていいそう。

布団を干す時間の目安

  • 綿布団:に1~2度、片面2時間の計4時間
  • 羽毛布団:に1~2度、片面1時間の計2時間

この違いに愕然としました。

羽毛布団って繊細そうだけど、実はお手入れが簡単だということを今更ながら知りました。

というわけで、最近羽毛布団の魅力にどハマりしている私が、以下の2点についてまとめました。

  • 羽毛布団のお手入れの仕方。
  • 羽毛布団の収納方法。

記載している収納・お手入れ方法は、我が家が購入した羽毛布団の取り扱い説明書を参考にしています。

高級羽毛布団は予想以上に快適だった値段7万円の高級羽毛布団が【快適すぎる】のでおすすめせざるを得ない!

羽毛布団のお手入れの仕方。乾燥させてより快適に。

羽毛布団は、乾燥させるとふわりと膨らんで、暖かい空気をよりためこんでくれます。

先ほども書きましたが、なんと、月に1~2度日干しするだけでOK。

日干しをする前に、小さくたたんで軽くおさえ、湿った空気を押し出してから干すといいそうです。

また、干すときは、側生地の劣化を防ぐために布団カバーをつけたまま干すのがおすすめ。

干し時間の目安は片面1時間。裏返してもう1時間の計2時間程度。

布団を取り入れるときは、強くたたかず、ホコリをはらう程度で十分。

強くたたくと、羽毛が飛び出す原因になります。

もし、花粉やベランダの汚れが気になる場合は、布団干し袋という便利商品がありますよ。

羽毛布団の収納方法。

羽毛布団の役目が終わったら、日常のお手入れと同じように日干しをしてから収納します。

羽毛布団を収納する時は密閉しない。

羽毛布団は通気性のいい布や収納袋などで包み、なるべく湿気の少ない場所に保管します。

押し入れは、下段よりも、上段の方が湿気が少ないです。

布団圧縮袋は、羽毛を痛めるので使いません。

収納袋を使うときは、通気性のいい不織布のものを選びます。

次のシーズンが来たら、また干してから使います。

防虫剤は臭いのつかないピレスロイド系がおすすめ。

エステー公式サイトによると防虫剤は4種類。

  • 有臭:パラジクロルベンゼン、ナフタリン、しょうのう。
  • 無臭:ピレスロイド系

お布団に臭いがつくのは嫌ですよね。

そのため、無臭のピレスロイド系がおすすめ。

防虫剤に抵抗がある人は無理に使わなくてもいいと思います。我が家も置いていません。

理由は、お金をかけたくないからです(ダニの話と関係ないですね)。

エステーの「臭いがつかない、ムシューダ♪」あれもピレスロイド系ですよ。いいネーミングですね。

羽毛布団に穴が開いても、縫ったらダメ!

羽毛布団に針をさすと、そこが穴となり、また羽毛が飛び出ます。

もし、羽毛布団に穴があいたら「補修布」を使用します。

我が家が購入した羽毛布団には補修布がついていました。

羽毛布団の補修布

もちろんお家になくても大丈夫。ちゃんと販売されています。

穴の開いた部分に補修シートをはり、アイロンで接着します。

>>>この商品(キャプテン羽毛補修シート)の詳しい接着方法は楽天市場のこちらのページをご覧ください。

まとめ

羽毛布団って、繊細そうで、お手入れ大変なんだろうなぁと思っていました。

ところがどっこい、羽毛布団は蒸散性にすぐれていて、湿気をためにくいそう。

月に1~2度干すだけでいいって良いですよね!しかもダニを取り込まない。

表面のダニが気になるときは、普通の掃除機で吸い取ってあげればいいそうですよ。

羽毛布団はズボラ界のヒーローですね。

なんですって?羽毛布団をまだお持ちでない?

それならぜひ購入を検討してみてください。

私は正直、羽毛布団の性能を軽く見ていました。

夫が購入してくれた高級羽毛布団にハマり、手放せなくなりました。

夫が寝ている安い布団には寝たくありません。それぐらい快適なんです。

もしよければ、羽毛布団の魅力についても記事にしていますので、お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。

記事はこちら

高級羽毛布団は予想以上に快適だった値段7万円の高級羽毛布団が【快適すぎる】のでおすすめせざるを得ない!