クラウドワークス本気でやった結果→

ごはん団子を揚げたら【爆発連続】油飛び散りまくりやけど寸前!粘性食材に要注意

残りごはんで団子を作って揚げたら次々に爆発しました。ウインナーがフライパンではじけるとか、コロッケ揚げてたら破裂とかそんなんじゃないです。もう大爆発です。

パボーン!!という爆音とともに天ぷら鍋から油と団子が中に舞い、キッチンも床も、対面のこどもスペースも油まみれ。レンジフードは水滴ならぬ油滴まみれ。

レシピには、「5分くらい中火にかけてキツネ色に色づいてきたら、取り出します」って書いてあったんですが、キツネ色になるまで揚げてたらどこかしら大やけどしていたかもしれません。恐ろしい。

でもこれ、大爆発したのはレシピをアレンジした私が悪いんです。本来のレシピは、ごはん団子をフライパンで揚げ焼きにしてたんです。それを私は、180℃の油で揚げてしまったんです。

粘性のあるもの揚げたらダメだと知らなかったから。でも爆発してすぐに気がつきました。粘性のあるもの揚げたらダメだって。

まわりがカリカリになってくると、コロッケやドーナツとかならパクッと割れてきますよね。僕そろそろ限界なんで、ちょっと割れときますね~って。で、その後揚げ続けても水分が飛び焦げていくだけ。

それが団子みたいに粘性のあるものだと、ただでさえネットリとして割れにくいのに、揚げて周りがカリカリに硬くなったたらなおさら割れない。中で膨張した空気や水分がどんどん溜まって、限界に達した瞬間に爆発して割れるんです(今回の経験からの推測ですがこれしか考えられない)。

だから、だから…もう団子は揚げたくな~い!こわいですもう。揚げごま団子とか大好きだけど絶対チャレンジしない。

本当はこれが作りたかった。残りご飯のリメイク団子レシピ。

ごはんで団子を作りたいと思ってたどり着いたのが、「揚げる」と「ゆでる」の2つのレシピ↓。どちらもご飯に片栗粉を入れて丸めます。

揚げるごはん団子のレシピ残りごはんリメイク!みたらし揚げ団子(クックパッド)

ゆでるごはん団子のレシピご飯+片栗粉de作る♡子供達が大好きなきな粉団子(Nadia)

団子はきな粉で食べたいけど、ゆでるよりも揚げた方がおいしそうだと思った私は…↓

  • ゆでるレシピで作った「ゴリゴリにねりまっくた団子」を、
  • 揚げるレシピ(揚げ焼き)を参考にして、180℃の油でカリッカリに揚げてしまったんですね

その結果が大爆発。幸い、誰も怪我をしなかったので良かったです。あとから考えるとそれぐらい気がつきなさいよ~って思いますけどね。レシピを見ているという安心感から、なにも気にせず調理していました。反省。

ごはん団子を揚げはじめてから爆発までの、私と団子。

:いい感じに練って丸めたぞ。面倒だから全部まとめて揚げちゃえ~!(白玉サイズ15個ほどを投入)

団子:僕そろそろ周りかたくなってきたよ。まだキツネ色じゃないけど、これ以上揚げたらかたくて食べにくくなるよ。

:そだね。こどもメインだし、これぐらいでいっか。(団子を菜箸で一個ずつ皿の上に取り出してきな粉をまぶす危機感ゼロの私)

団子おいおい、一個ずつやってたら僕そろそろやばいよ。限界まで時間がないよ…ううっ~

:きな粉をたっぷりまぶして~♪…(皿の団子パボーーーン!!!!!!)うわ!ヤバい!あ~鍋、鍋にもまだあるんだよ、火、火消さなきゃ!団子、団子も出さなきゃ…お箸でつまんで(またまた皿からボッフーン!!!)もうやだよ~こわいよ~…あと何個だ?団子とらなきゃ団子!もうこわいって~…(鍋の油からバッポーーーン!!!)アッッチィ!!!って、あ”~!!火消えてないじゃ~ん!!ボーーーン!!!)もうヤバい逃げよっ!(判断遅い)

団子:ボーン!…ボーン!…………。シーン。

まとめ:揚げ物は目を離してなくても危険。びっくりして焦るともっと危険。

知らないって怖いですよね。揚げ物をするときは、水分の他に、粘性にも要注意です。

そして今回わたしは、爆発で焦って、火を消したつもりが消せていませんでした。さらに、その場から早く離れるべきなのに、なぜか鍋の中の団子を取り出す作業を頑張っていました(しかも、まとめてとればいいのに菜箸で一個ずつ…)。危ないですね。

落ち着いたころにふと手をみたら油まみれ。慌てて水道水で手を冷やしました。飛んできた油がそれほど高温ではなかったのか?冷やしたのが良かったのか?火傷にならなかったので良かったです。

以上、ごはん団子を揚げたら爆発して焦った話でした…。ごはん団子を揚げる際はお気を付けください。