クラウドワークス本気でやった結果→

体験談!虫歯を1年以上放置し30代で入れ歯に…歯科へ行けず悩むあなたへ届け!

虫歯、痛いですか?ときどき痛いたいだけ?

それなら行かなくても大丈夫ですよ。私は時々痛む虫歯を1年以上放置しましたし♪

…って、そんなことは口が裂けても言えません!いますぐ歯科へ行って治療してもらってください!

私はときどき痛む虫歯を1年以上放置し、30代にして入れ歯をすることになりました…。

当記事では、私が虫歯に気づいてから入れ歯(抜歯)に至るまでの経緯を書いています。

この記事を読んでくださるあなたが、私と同じ道を歩まずに済むことを願います。

虫歯が進行していた2012年。

飲み会の最後にデザートがでました。そこにトッピングされていたのはパリパリの焼き菓子。甘いもの好きの私は真っ先にパクり。

焼き菓子は想像以上にかたく、「ボリボリっ!バリバリっ!」と、噛むたびにもの凄い音が口の中に響き渡りました。

その場で吐き出す訳にもいかないので、卵のカラでも入っていたのかな…と思いながら完食。

それから数日後、奥歯の違和感に気がつきました。「なんか、小さくなってる?…まさかね…。」

さらに数日後の夕飯中、またも「ボリボリっバリバリっ」と不気味な音と食感が口内を襲いました。

いやな予感がした私は、口の中からボリボリの正体らしきものを出して観察。

「うわぁ~これ、もしかして歯?ってことは、飲み会のデザートでボリボリ食べたあれも…歯、だよね…。」

歯だと確信した私は口の中に鏡を入れ込んで、奥歯をじっくりと見ました。

やはり、虫歯になった奥歯が見事に欠けていました。

痛みがないので虫歯を放置した2013年【前半】。

歯が欠けていたものの、痛みはありませんでした。

仕事が休みの日に歯医者に行こうという気もおこらず、虫歯をそのまま半年近く放置しました。

「これだけ欠けてるのに痛くないってことは、きっと大丈夫だろう。」、そう思っていたのです。

虫歯が痛み出すも、解熱鎮痛剤でごまかし放置した2013年【後半】。

虫歯がボリボリとかけたのを放置して半年ほどたった頃、ときどき奥歯が痛むようになりました。

それでも我慢できるし、寝ればおさまるので引き続き放置。

(今思うと、この段愛で歯科へ入っていれば30代での入れ歯は避けられたかもしれません。)

この痛み、最初は1~2週間おきだったのが、最後の方は数日おきにあらわれるようになりました。

その頃には、痛み出すと涙が出るほどで仕事にも影響が…。

そこで、手持ちの頭痛薬(解熱鎮痛剤)を使えないかと効能を見てみました。すると、「歯痛」の記載がありました。

試しに飲んでみると、これがよく効いたんです。薬がきいたもんだから、歯医者へ行くことをまた後回しにしてしまいました。

薬が効いているうちは、「まだ」大丈夫だろう…と。バカでした…。

薬の効き目が悪くなり、ついに歯科へ行った2014年。

いつも飲んでいた頭痛薬(解熱鎮痛剤)でごまかしてきた痛みが日に日に強くなり、ついに薬をのんでもほぼ効かない状態に…。

そこでやっとこさ、歯医者へ駆け込みました。

放置した虫歯は、手をつけられない状態になっていた。

「これは、もしかしたら抜かないといけないかもしれません。とりあえず、治療してみますね。」

先生がそう言いました。

詳しく聞くと、

  • だいぶ虫歯が進行している。
  • 虫歯を削ると歯がほとんどなくなる
  • そのため、被せものがうまくつかない可能性
  • 被せたとしても、隙間からすぐ虫歯になるかも。

とのことでした。

とりあえず、神経を抜き、銀の被せものをして治療は終わりました。

そして最後に先生から、「なんとかかぶせた状態。次に問題がおこったら、抜くことになると思う。」と言われました。

最初の治療から3年後、隙間から虫歯になっていた。

なんとか治療してもらった虫歯でしたが、治療から3年後の定期歯科検診で異常がみつかりました。

「かぶせものをしている下がぐらついている。これをいじると抜くことになると思うので、とりあえず様子を見ましょう。痛みが出たら教えてください。」そう言われました。

最初の治療でほとんど歯を削ったうえに歯が弱ってきているので、削るという選択肢が残っていなかったのです。

抜くか、様子を見るか、私が選べる選択肢は2つだけでした。

最初の治療から4年後、ついに抜歯することに。

様子を見続けること約1年。ついに根元が割れました。

ぐらつきもひどく、いつ炎症が起きてもおかしくない状態に。

先生もついに「抜歯」をすすめてきました。

歯を抜いたらその後どうするか。「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」…様々なパターンの説明を聞き、最終的に「入れ歯」を選択しました。

どの治療法にもメリット・デメリットがあり悩みましたが、

  • 保険適用で費用がおさえられる。
  • 歯を削る部分が少なくて済む。

というのが、入れ歯を選んだ理由のふたつです。

詳しくはこちら(↓)の記事に書いています。

入れ歯を選んだ理由体験談!奥歯欠損でブリッジより入れ歯を選んだ理由。今ある歯を大切に。

虫歯を1年以上放置した話のまとめ。

  • 虫歯が進行して歯が大きく欠けた。
  • 痛みが強まるもさらに1年近く放置し、虫歯が根元近くまで進行した。
  • そのため、表面に出ている歯をほとんど削ることになった。
  • むりやり被せものをするも、隙間からまた虫歯になる。
  • 根元が欠け、治療のしようがなくなる。
  • 抜歯しか選択肢がなくなり、最初に歯がかけてからおよそ7年後、ついに抜歯。
  • 抜歯した部分に、入れ歯をすることになる。

30代で入れ歯をすることになりました。本当に、放置したことを後悔しています。

もし、「虫歯放置」とか「虫歯治る」などと検索されているなら、そんなことはやめて一日でも早く歯医者へ行ってくださいね。

お子様が歯が痛いと言ったら、迷わず歯医者に連れて行ってあげてくださいね。

私がえらそうに言っても説得力がないですが…。

ただ本当に、放置してもなにひとつ良いことはありません。

この記事が、歯医者にいくきっかけになりましたら幸いです。

入れ歯を選んだ理由体験談!奥歯欠損でブリッジより入れ歯を選んだ理由。今ある歯を大切に。